MENU

最終行の取得

本アプリは、「範囲オプション」で”最終行”を自動取得できます。

本アプリでの”最終行まで”の選択方法

本アプリは、表全体(CurrentRegion)から最終行を求めます。

作成されるコードは下記です。

Range("a2:f2").CurrentRegion.Select
右下セル = Cells(Selection.Row + Selection.Rows.Count - 1, Range("f2").Column).Address(False, False)
セル範囲 = "a2" & ":" & 右下セル

右下セルは下図のように計算しています。

f:id:The-Alchemist:20220124154931p:plain

途中に空白行がある場合

なお、データの途中に空白行がある場合、範囲オプションで”最終行まで(途中に空白があるとき※3に仮の最終セルを入力)”を選ぶことができます。

この項目を選ぶと、(右下セル)※3に入力したセルから上方向に最終行を探します。

f:id:The-Alchemist:20220131220453p:plain

この※3とは、下図の欄です。

f:id:The-Alchemist:20220131220523p:plain

この仮の最終セルは、データが入力できる最終行です。

f:id:The-Alchemist:20220124155618p:plain

作成されるコードは下記になります。

Range("g11").Select
Selection.End(xlUp).Select
右下セル = Selection.Address(False, False)
セル範囲 = "a1" & ":" & 右下セル

アプリはこちらから↓↓↓↓