MENU

行数が増減する表に、罫線を入れるマクロ

VBAマクロを、簡単に作成してみませんか?

例として、アプリで「行数が増減する表に罫線を入れる」VBAマクロを作成します。

処理のイメージ

事例

行数が増減する表の合計欄に罫線を入れます。

2日までのデータの合計欄に、罫線があります。

6日までデータが増えても、合計欄に罫線を入れます。

アプリの設定

アプリの設定です。

表示されるVBAコード 

アプリで作成されたコードを、VBE画面に貼り付ければ、マクロの完成です。

Sub デモ_1() '罫線
Application.ScreenUpdating = False ' 画面描画を停止
Application.DisplayAlerts = False  ' 警告表示を停止
Dim セル範囲 As String, セル As Range, 右下セル As String
Dim 左下セル As String
Sheets("sheet1").Select
Range("c3:i3").CurrentRegion.Select
左下セル = Cells(Selection.Row + Selection.Rows.Count - 1, Range("c3").Column).Address(False, False)
右下セル = Cells(Selection.Row + Selection.Rows.Count - 1, Range("i3").Column).Address(False, False)
セル範囲 = 左下セル & ":" & 右下セル


Range(セル範囲).Select
Call デモ_1_メイン処理(セル範囲)
Application.DisplayAlerts = True   ' 警告表示を再開
Application.ScreenUpdating = True  ' 画面描画を再開
End Sub

Sub デモ_1_メイン処理(セル範囲 As String)
Selection.Offset(0, 0).BorderAround LineStyle:=xlContinuous, Weight:=xlThin, Color:=RGB(0, 0, 0)
With Selection.Offset(0, 0).Borders(xlInsideVertical)
 .LineStyle = xlContinuous
 .Weight = xlThin
End With
Selection.Offset(0, 0).Borders(xlInsideVertical).Color = RGB(0, 0, 0)
With Selection.Offset(0, 0).Borders(xlEdgeTop)
 .LineStyle = xlContinuous
 .Weight = xlMedium
End With
Selection.Offset(0, 0).Borders(xlEdgeTop).Color = RGB(0, 0, 0)
With Selection.Offset(0, 0).Borders(xlEdgeBottom)
 .LineStyle = xlDouble
 .Weight = xlThick
End With
Selection.Offset(0, 0).Borders(xlEdgeBottom).Color = RGB(0, 0, 0)
End Sub

マクロを使うメリット

手作業で数分かかる作業が、1秒で終わります。

 

アプリはこちらから↓↓↓↓