MENU

エクセル関数で、セル内の文字を変換する

無料アプリで、すぐにエクセルVBAマクロを作成できます。

例として、アプリで「エクセル関数で、セル内の文字を変換する」VBAマクロを作成します。

(ページの末尾に、VBAコード掲載)

処理のイメージ

事例

エクセルのLEFT関数で、セルの値を左から2文字にします。

※ 他のセクセル関数も使えます。

マクロを実行すると、2文字だけになりました。



アプリの設定

アプリのトップページ

 ⇒▼ 入力・クリア・削除

 ⇒◇数式・Excel関数の入力

【ポイント】

■ 入力する数式は、他のセル(例では、C1セル)で数式を作成した後、アプリに貼り付けます。そして、数式全体をで囲みます。

■ 数式は、アプリで指定する左上セルを対象に作成します。

(例では、A1セルを含む"=LEFT(A1,2)"となり、"=LEFT(A2,2)"は不可。

 

表示されるVBAコード 

アプリで作成されたコードを、VBE画面に貼り付ければ、マクロの完成です。

Sub デモ_11() '数式入力
Application.ScreenUpdating = False ' 画面描画を停止
Application.DisplayAlerts = False  ' 警告表示を停止
Dim セル範囲 As String, セル As Range, 右下セル As String
Sheets("sheet1").Select
セル範囲 = "a1:a4" 
Range(セル範囲).Select
Call デモ_11_メイン処理(セル範囲, セル)
Application.DisplayAlerts = True   ' 警告表示を再開
Application.ScreenUpdating = True  ' 画面描画を再開
End Sub
 
Sub デモ_11_メイン処理(セル範囲 As String, セル As Range)
Dim セル範囲配列(), セル値 As String, 行 As Long, 列 As Long, 左上セル As String
If Range(セル範囲).Cells.Count = 1 Then
  Set セル = Range(セル範囲)
  Range("IV100").Formula = "=LEFT(A1,2)"
  セル.Offset(0, 0) = Range("IV100").Value
  Range("IV100").Clear
Else
  Range("IV100").Formula = "=LEFT(A1,2)"
  セル範囲配列 = Range(セル範囲)
  For 列 = LBound(セル範囲配列, 2) To UBound(セル範囲配列, 2)
    For 行 = LBound(セル範囲配列, 1) To UBound(セル範囲配列, 1)
      Set セル = Range(セル範囲).Cells(行, 列)
      Range("a1") = セル
      If IsError(Range("IV100")) Then
        セル.Offset(0, 0) = "関数エラーです"
      Else
        セル.Offset(0, 0) = Range("IV100").Value
      End If
      '◆左上セルに各値を代入するので、左上セルの初期値を保存
      If セル.Address = Range("a1").Address Then
        左上セル = セル.Value
      End If
    Next 行
  Next 列
  '◆保存した初期値を左上セルに戻す
  Range("a1") = 左上セル
  Range("IV100").Clear
End If
End Sub 

マクロを使うメリット

手作業で数分かかる作業が、1秒で終わります。

ぜひ、アプリをご利用ください。

 

アプリはこちらから↓↓↓↓