MENU

表を、フィルターであいまい検索し、表示する

エクセルVBAマクロを、簡単に作成してみませんか?

例として、アプリで「表を、フィルターであいまい検索し、転記する」VBAマクロを作成します。

処理のイメージ

事例

右の検索欄に文字をいれ、左のの検索結果を、右下に表示します。

※注意事項 表の見出しは、表と1行/1列あけるか、図にして貼り付けてください。

マクロを実行すると、「いち」を含む、「いちご」と「いちじく」が表示されました。

さらに、検索条件2に「ご」を入れると、「いちご」だけに絞られました。

できました(^^)/

アプリの設定

アプリの設定です。

トップページ ⇒▼並べ替え・フィルター ⇒◇フィルター条件が2つ

範囲オプションで、最終行までを選ぶと、表の行の増減に対応できます。
条件1・2とも、セル(例: A1)の値を利用を選び、セルのアドレスを設定すると、セルの値が条件になります。

あいまい検索が可能です。

表示されるVBAコード 

アプリで作成されたコードを、VBE画面に貼り付ければ、マクロの完成です。

Sub デモ_1() 'フィルター条件2つ(数値)
Application.ScreenUpdating = False ' 画面描画を停止
Application.DisplayAlerts = False  ' 警告表示を停止
'◆前データをクリアする
Sheets("sheet1").Select
Range("h4").CurrentRegion.Clear
Dim セル範囲 As String, セル As Range, 右下セル As String
Sheets("sheet1").Select
'◆最終行を取得し、セル範囲を決める
Range("a1:f1").CurrentRegion.Select
右下セル = Cells(Selection.Row + Selection.Rows.Count - 1, Range("f1").Column).Address(False, False)
セル範囲 = "a1" & ":" & 右下セル 
Range(セル範囲).Select
Call デモ_1_メイン処理(セル範囲)
Application.DisplayAlerts = True   ' 警告表示を再開
Application.ScreenUpdating = True  ' 画面描画を再開
End Sub
 
Sub デモ_1_メイン処理(セル範囲 As String)

Application.Calculation = xlCalculationManual '自動計算を停止
Dim 対象セル1 As Range, 条件値1 As String, 対象セル2 As Range, 条件値2 As String
Set 対象セル1 = Range("h2")
Set 対象セル2 = Range("i2")
条件値1 = "=" & "*" & Format(対象セル1, 対象セル1.NumberFormatLocal) & "*"
条件値2 = "=" & "*" & Format(対象セル2, 対象セル2.NumberFormatLocal) & "*"
Range(セル範囲).AutoFilter Field:=2, Criteria1:=条件値1, Operator:=xlAnd, Criteria2:=条件値2
Range(セル範囲).Copy
Sheets("sheet1").AutoFilterMode = False
Sheets("sheet1").Select      
Range("h4").Select           
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteAll
Application.CutCopyMode = False

Application.Calculation = xlCalculationAutomatic ' 自動計算を再開

End Sub

マクロを使うメリット

手作業で数分かかる作業が、1秒で終わります。

ぜひ、アプリをご利用ください。

 

アプリはこちらから↓↓↓↓