MENU

フォルダ内の、ファイル名(リンク、更新日時、フォルダパス)の一覧を作成する

エクセルVBAマクロを、簡単に作成してみませんか?

例として、アプリで「フォルダ内の、ファイル名(リンク、更新日時、フォルダパス)の一覧を作成する」VBAマクロを作成します。慣れると1分でマクロが完成します。

処理のイメージ

事例

フォルダ内の、ファイル名の一覧を作成します。

リンク、更新日時、フォルダパスを追加できます。

マクロを実行すると、シートに一覧が作成されます。

できました(^^)/

 

アプリの設定

アプリの設定です。

トップページ ⇒▼ブック・フォルダー ⇒【ツール】フォルダ内の、ファイル名一覧を作成



表示されるVBAコード 

アプリで作成されたコードを、VBE画面に貼り付ければ、マクロの完成です。

Sub デモ_11() 'フォルダ内の、ファイル名一覧を作成
Application.ScreenUpdating = False ' 画面描画を停止
Application.DisplayAlerts = False  ' 警告表示を停止
Dim ファイル名 As String, 行 As Long, 列 As Long
Const パス As String = "D:\テストファイル\"
ファイル名 = Dir(パス & "*.*")
Worksheets("sheet1").Activate
行 = Range("a3").Row
列 = Range("a3").Column
Cells(行, 列) = "フォルダーパス⇒ "
Cells(行, 列 + 1) = パス
ActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor:=Cells(行, 列 + 1), _
                        Address:=パス, _
                        TextToDisplay:=パス
行 = 行 + 1
Do While ファイル名 <> ""
    Cells(行, 列) = ファイル名
    ActiveSheet.Hyperlinks.Add Anchor:=Cells(行, 列), _
                            Address:=パス & ファイル名, _
                            TextToDisplay:=ファイル名
    Cells(行, 列 + 1) = FileDateTime(パス & ファイル名)
    ファイル名 = Dir()
    行 = 行 + 1
Loop
Columns(列).AutoFit
Columns(列 + 1).AutoFit
Application.DisplayAlerts = True   ' 警告表示を再開
Application.ScreenUpdating = True  ' 画面描画を再開
End Sub

マクロを使うメリット

手作業で数分かかる作業が、1秒で終わります。

ぜひ、アプリをご利用ください。

 

アプリはこちらから↓↓↓↓