エクセルVBA作成のChatGPTプロンプト文例集

ChatGPTプロンプト、VBAコードをコピペできます😊

MENU

【ノーコード】条件に一致する行を、表の末尾に転記(コピー)する

エクセルVBAマクロを自動作成する無料アプリです。

例として「条件に一致する行を、表の末尾に転記(コピー)する」VBAマクロを作成します。

 事例1 フィルターを使う

 事例2 条件分岐を使う

A列で、1が入力されている行を、表の末尾に転記します。

マクロを実行すると、転記されました。

できました!😃

 

事例1 フィルターを使う

アプリの設定

アプリのトップページ

 ⇒  ▼フィルター(×コピー ×削除)

 ⇒ ◆フィルター結果をコピー/削除/色付け 条件1つ

 

 

【ポイント】

 最終行を決める列は、表の最終行となる列にします。

 

表示されるVBAコード 

アプリで作成されたコードを、VBE画面に貼り付ければ、マクロの完成です。

 

VBAコードを見る

Sub デモ() 'フィルター条件1つ 
Application.ScreenUpdating = False ' 画面描画を停止
Application.DisplayAlerts = False  ' 警告表示を停止
Dim セル範囲 As String, セル As Range, 右下セル As String
Sheets("Sheet1").Select
'表の最終行を決定
Dim 最終行 As Long
最終行 = Cells(Rows.Count, Range("B1").Column).End(xlUp).Row
セル範囲 = "a1" & ":" & Cells(最終行, Range("f1").Column).Address(False, False) 
Range(セル範囲).Select
Application.Calculation = xlCalculationManual '自動計算を停止
'フィルタ
Range(セル範囲).AutoFilter Field:=1, Criteria1:="=1"
'対象が無い場合、終了
If Cells(Rows.Count, Range("a1").Column).End(xlUp).Row = 1 Then
    MsgBox ("フィルター結果が無いので終了します")
    GoTo Continue
End If
'コピー
Range(セル範囲).Offset(1, 0).Resize(Selection.Rows.Count - 1).Copy 
'◆貼付シートが無ければ終了
Dim 貼付シート As Worksheet, 存在 As Boolean
存在 = False
For Each 貼付シート In Worksheets
  If 貼付シート.Name = "Sheet1" Then
    Sheets("Sheet1").Select
    存在 = True
    Exit For
  End If
Next 貼付シート
If 存在 = False Then
  MsgBox ("貼付シートがないので終了します")
  GoTo Continue
End If
'◆上で始まる表の最終行の下に貼り付け
Range("h1").Select
Dim 左端列 As Long, 下端行 As Long, 相手セル As String
左端列 = ActiveCell.Column
下端行 = Selection.CurrentRegion.Row + Selection.CurrentRegion.Rows.Count - 1
相手セル = Cells(下端行, 左端列).Address(False, False)
If Range(相手セル).Value <> "" Then
    相手セル = Cells(下端行 + 1, 左端列).Address(False, False)
End If
Range(相手セル).Select           
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteAll
Application.CutCopyMode = False   


Continue:
Sheets("Sheet1").Select
ActiveSheet.AutoFilterMode = False
Application.Calculation = xlCalculationAutomatic ' 自動計算を再開
Application.DisplayAlerts = True   ' 警告表示を再開
Application.ScreenUpdating = True  ' 画面描画を再開
End Sub

 

事例2 条件分岐を使う

アプリの設定

アプリのトップページ

 ⇒▼コピー・貼り付け

 ⇒ ◇コピー・切り取り・貼り付け

 

【ポイント】

 コピーする範囲は、表全体ではなく、フラグのあるA列のみです。

 フラグのあるA列を、F列まで6列に広げ(Resize)てコピーします。

表示されるVBAコード 

アプリで作成されたコードを、VBE画面に貼り付ければ、マクロの完成です。

 

VBAコードを見る

Sub デモ() 'コピー・切り取り 
Application.ScreenUpdating = False ' 画面描画を停止
Application.DisplayAlerts = False  ' 警告表示を停止
Dim セル範囲 As String, セル As Range, 右下セル As String
Sheets("Sheet1").Select
'表の最終行を決定
Dim 最終行 As Long
最終行 = Cells(Rows.Count, Range("B1").Column).End(xlUp).Row
セル範囲 = "a1" & ":" & Cells(最終行, Range("a1").Column).Address(False, False)

'◆条件分岐
For Each セル In Range(セル範囲).Cells
    If セル.Value = 1 Then
         セル.Select      
         Selection.Offset(0, 0).Resize(, 6).Copy

          Sheets("Sheet1").Select
          Range("h1").Select
          Dim 下端行 As Long, 現在列 As Long, 相手セル As String
          下端行 = Selection.CurrentRegion.Row + Selection.CurrentRegion.Rows.Count - 1
          現在列 = ActiveCell.Column
          相手セル = Cells(下端行, 現在列).Address(False, False)
         If Range(相手セル).Value <> "" Then
            相手セル = Cells(下端行 + 1, 現在列).Address(False, False)
         End If
         Range(相手セル).Select
         Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteAll, Transpose:=False

         Application.CutCopyMode = False

    End If
Next
Application.DisplayAlerts = True   ' 警告表示を再開
Application.ScreenUpdating = True  ' 画面描画を再開
End Sub

 

ChatGPTで修正

あなたが自動化したい内容と事例が少し異なる場合は、無料で使えるマイクロソフトの「BingAIチャット」でコードを修正します。とても簡単です!

アプリはこちらから↓↓↓↓