【新発想】ノーコードでExcelを自動化する方法

VBAマクロ作成アプリ NoCodeVBA

MENU

該当があるとき〇印を表示し、該当が無いとき、メッセージを表示する

無料アプリで、すぐにエクセルVBAマクロを作成できます。

例として、「該当があるとき〇印を表示し、該当が無いとき、メッセージを表示する」VBAマクロを作成します。

(ページの末尾に、VBAコード掲載)

事例

G1セルの値が、B列に無いとき、メッセージを表示します。

まず、I1セルで、COUNTIF関数でB列にあるGIセルの値の個数を数え、0だったら、文字列を表示します。0でなければ、””空白です。

=IF(COUNTIF(B:B,G1)=0,"「"&G1&"」はありません","")

そして、本マクロで、I1セルに文字列があるとき、メッセージとして、I1セルの文字列を表示しています。

一方、B列にがG1セルの値があるときは、〇印を表示します。

このコードの作成手順と、連続処理の手順は、ページの最後にリンクがあります。

 

 

アプリの設定

アプリのトップページ

 ⇒▼自動実行、入力規則、メッセージ

 ⇒◆メッセージ表示

【ポイント】

 セルの値が空白のときは、メッセージは表示されません。

 

 

表示されるVBAコード 

アプリで作成されたコードを、VBE画面に貼り付ければ、マクロの完成です。

 Sub デモ_40() 'メッセージボックス
Dim セル値 As String
セル値 = Range("i1").Value
If セル値 <> "" Then
  MsgBox セル値
End If
End Sub

 

マクロを使うメリット

手作業で数分かかる作業が、1秒で終わります。

ぜひ、アプリをご利用ください。

 

アプリはこちらから↓↓↓↓