MENU

セル内の文字列を操作する(2つめの空白以降を削除)

無料アプリで、すぐにエクセルVBAマクロを作成できます。

例として、「セル内の文字列を操作する」VBAマクロを作成します。

(ページの末尾に、VBAコード掲載)

事例

セル内の文字列を操作する(2つめの空白以降を削除)

f:id:The-Alchemist:20220125105903p:plain

アプリの設定

アプリのトップページ 

 ⇒▼ 入力・クリア 

 ⇒◇数式・Excel関数の入力

【ポイント】

■ 左上セルは、見出しを除いた”a2"からにします。

■ 入力する関数は、左上セルに合わせ、A2で関数を作ります。

■ 数式は、”で囲み、区切り文字の半角空白も”で囲み" "とします。

■ 計算用セルで計算にチェックを入れます。

 

f:id:The-Alchemist:20220125112157p:plain

 

表示されるコード

Sub デモ_19() '数式入力
Dim  セル範囲 As String, セル As Range, 右下セル As String, 左上セル As String
Sheets("sheet1").Select  
'◆最終行を取得し、セル範囲を決める          
Range("a2:a2").CurrentRegion.Select
右下セル = Cells(Selection.Row+ Selection.Rows.Count-1, Range("a2").Column).Address(False, False)
セル範囲 = "a2" & ":" & 右下セル 
Range(セル範囲).Select
Call デモ_19_メイン処理 (セル範囲,セル) 
End Sub    

 

Sub  デモ_19_メイン処理 (セル範囲 As String, セル As Range)
Dim セル範囲配列(),セル値 as String,  行 As Long, 列 As Long, 左上セル As String
If Range(セル範囲).Cells.Count = 1 Then
  Set セル = Range(セル範囲)
  Range("e1").Formula = "=Left(A2, Find("" "", A2, Find("" "", A2) + 1) - 1)"
  セル.Offset(0, 0) = Range("e1").Value
  Range("e1").Clear
Else
  Range("e1").Formula = "=Left(A2, Find("" "", A2, Find("" "", A2) + 1) - 1)"
  セル範囲配列 = Range(セル範囲)
  For 列 = LBound(セル範囲配列, 2) To UBound(セル範囲配列, 2) 
    For 行 = LBound(セル範囲配列, 1) To UBound(セル範囲配列, 1)                 
      Set セル = Range(セル範囲).Cells(行, 列)
      Range("a2") = セル
      If IsError(Range("e1")) Then
        セル.Offset(0, 0) = "関数エラーです"
      Else
        セル.Offset(0, 0) = Range("e1").Value
      End If
      '◆左上セルに各値を代入するので、左上セルの初期値を保存
      If セル.Address = Range("a2").Address Then
        左上セル = セル.Value
      End If
    Next 行
  Next 列
  '◆保存した初期値を左上セルに戻す
  Range("a2") = 左上セル
  Range("e1").Clear                        
End if 
End sub 

 

アプリはこちらから↓↓↓↓