MENU

かんたんマニュアル

【特徴】VBAを知らなくても、自動化できる

アプリ表示するVBAコードを、エクセル画面に貼るだけ

(順次/分岐/繰り返し/変数はアプリに組み込み。プログラムコードを意識する必要はありません)

VBAとは、Excelを自動処理するプログラムです。

エクセル画面とはプログラムを書くVBE画面です。

 

ログイン画面

 

【重要】 テストデータで試してから、本番利用をお願いいたします。

       アプリで発生した損害の責任は、一切負いません。

 

メニュー画面

まず、カテゴリーを選びます

つぎに、処理を選びます。

◆印は、Excelの基本機能です。

【ツール】は、複雑なコードを、簡単に作成できます。

 

設定画面

処理を選ぶと、設定画面が開きます。

マクロ名の設定

まず、マクロに名前を付けます。

f:id:The-Alchemist:20210914233051p:plain
※ マクロを実行するときに、この名前を選択します。

対象の設定

つぎに、シート名セル範囲を設定します。

f:id:The-Alchemist:20220111081404p:plain

 

範囲オプション」の「最終行まで」を選ぶと、行数の増減に自動対応します。

 

処理する条件の設定

処理する条件を設定します。

・通常は「条件なし」ですが、処理する条件を選べます。

・条件には、セルの値、エラー、空白、色などがあります。

f:id:The-Alchemist:20210208124154p:plain
f:id:The-Alchemist:20210208123950p:plain


メイン処理の決定

表示」ボタンを押すとVBAコードが表示されます。

f:id:The-Alchemist:20210208131341p:plain
【重要】セル・行・列の指定は、半角でお願いいたします(全角不可)。

 

コード表示画面

f:id:The-Alchemist:20210628060301p:plain

処理を1つだけ行うとき

上図 [コードをコピーする]でコピーし、VBE画面に貼り付けて、Excel画面でマクロを実行します。

※「連続トリガー」は使いません。

VBE画面の使い方

マクロの実行のしかた

【重要】通常の拡張子.xlsxでは、VBAコードを実行できません。

拡張子を.xlsmに変更して保存し、再び開いて、コードを貼り付けます。

保存の手順は[ファイル]⇒[名前を付けて保存]⇒[Excelマクロ有効ブック(*xlsm)] ⇒[保存

複数の処理を連続して行うとき

 [コードをコピーする]でコピーし、VBE画面に貼り付けて、Excel画面でマクロを実行します。

 [次のコードを作成]でメニューに戻り、マクロ名は変えずに次のコードを作成します。

 ①~②を繰り返します。

  最後に[連続トリガーをコピー]でコピーし、VBE画面の下方に貼り付けます。エクセル画面で「連続トリガー」を実行すると、枝番_1から順にすべての枝番が実行されます。

※表は、上下左右を空白にしてください。アプリが表全体を選ぶとき、誤った範囲になります。

なお、表のタイトルは、テキストを入れた透明の図形を挿入します。

(挿入⇒図⇒図形⇒▬⇒テキストの編集、図形の書式設定(塗りつぶし無し、線なし)

まとめ

・アプリは、VBAを知らなくても、自動化できます!

 

↓↓↓↓↓↓↓使用例一覧で、詳細をご確認ください↓↓↓↓↓↓↓

アプリはこちらから↓↓↓↓ 

パスワード等を登録する理由

他のユーザーと、データが混じらないようにするためです。

ログアウトするまでパスワードを記憶する

☑を入れると、パスワード入力をせずに、すぐにTOP画面が開きます。

事前テストのお願い

アプリで発生した損害の責任は一切負いません。よって、コピーしたファイルでテストをお願いいたします。