【ノーコード】1分でExcelを自動化する無料ツール

コードの知識不要😊ChatGPTしようぜ⚾17

MENU

VBA作成プロンプトの書き方

「NoCodeVBA」にようこそ!

「NoCodeVBA」はエクセルVBAマクロを作成できる無料アプリです。

 

いままでChatGPTのプロンプトを書いて、失敗した書き方と改善策をまとめています。

なお、下記を読んでプロンプトを書くのは面倒!なときは、「NoCodeVBAで作成したコードをChatGPTで修正」をお勧めします😄

 

 

 

プロンプトが”あいまい”になる原因と対策

 

幾度となく、正しいコードが引き出せなかった経験から、

 

エラー原因1 文書形式と不要な情報

Excelのsheet1に売上データがあります。項目はA列からH列にかけて、伝票番号、販売日、店舗名、商品名、入数、数量、単価、金額の順です。A2セルから下の行にデータが入力されており、この中でB列の販売日が20230724になっている行を黄色にするためのVBAコードを作成してください。

上のプロンプトも、正しいコードが出力されます。

しかし、文書形式と不要な情報は、後述するプロンプトの整合性のチェックが面倒です。

そこで、要件を箇条書きにします。

VBAコードを作成してください。
要件は下記の通りです:

・対象シートは"Sheet1"
・対象セルは"a2"セルから"h2"セルを上端とする表の最終行まで
・B列の値が'20270724'と等しい行に限り、セルの色を黄色にする

箇条書きの宣言は「要件は下記の通りです:」で行い、末尾はコロン(:)です。

箇条書きは抽象化します。”販売日”が具体的で”B列”が抽象的です。

経験上、抽象的な”B列”と具体的な”販売日”の両方を使うとChatGPTが誤読します。

エラー原因2 主語が無い

プログラムコードは主語("シート”、”セル”)が必須です。

 

エラー原因3 対象シートを指定していない

プロンプトに「”●●”シートを選択する」指示をいれます。

処理対象ではないシート”マクロ実行前にアクティブだと、そのシートで処理が始まります😢。

 

対策1 同一処理と、別処理は明示する

箇条書きは、それぞれの行の関係が不明です。

下の例は、1行目と2行目は”転記”、3行目は”シートの選択”です。

・対象セルをコピーし、"全社"シートの最終行の一つ下のセルにを貼り付け
なお、"全社"シートの最終行が"A1"セルのときは"A1"セルに貼り付け
・上記の処理がすべて終わったら、"全社"シートを選択する

2行目は中点(・)をつけず、”なお”をいれ、1行目に従属することを示します。

 

対策2 効果的に読点(、)を使う

読点の有無や場所で、ChatGPTの誤読が改善したことがありました。

 

対策3 主語の整理

プロンプトの主語には”セル”をたくさん使います。

ChatGPTが理解しやすいように"対象セル"、"選択したセル"、"そのセル"などで対象セルを明示します。

プロンプトを整理し"セル"を1回しか使わないことも効果的です。

 

対策4 トピックを分ける

プロンプトが”あいまい”だと、AIがユーザーの意図とは別の解釈をします😵‍💫。

”あいまい”さを排除するため、プロンプトが長いときは、トピックを分け複数のコードを作成します。

 

複数のコードに分かれても、それらを”連続実行”することができます。

 

対策5 概要をいれる

概要を入れると、内容が”あいまい”でも、ChatGPTが概要から内容を推測してくれます。

概要は、”処理の概要は「●●●する」ものです”を入力します。

 

対策6 文章を極力短く

プロンプトを何度も読み直し、不要な言い回しを削ります。

削ることにより、不足している主語シートの指定漏れを見つけることができます。

 

 

アプリ内のプロンプトについて

 

ルール1 プロンプトの冒頭は、アプリの定型文を引き継ぐ形にする

このルールは、アプリの入力画面で初期表示します。

条件を指定したときは、プロンプトを「セル」で始める。

セルを指定したときは、プロンプトを「対象セル」で始める。

シート名のみを指定したときは、プロンプトを「対象シート」で始める。

なお、プロンプトの冒頭は、中点(・)は不要です(アプリ側で入力)。

 

ルール2 指示は中点(・)で始め、一体の処理は中点をつけない

再掲ですが、指示ごとに中点(・)をつけます。しかし、一体処理のときは中点をつけません。

・対象セルをコピーし、"全社"シートの最終行の一つ下のセルにを貼り付ける
なお、"全社"シートの最終行が"A1"セルのときは"A1"セルに貼り付ける
・上記の処理がすべて終わったら、"全社"シートを選択する

上記の例では、中点をつけなず、なお書きしたことで、処理が条件分岐します。

 

もし、中点をつけると、下図のように2つの処理となり、条件分岐しません。

 

ルール3 引用するとき

(1) はカンマで区切られた複数のマクロ名です。この順番でマクロを連続して実行するコードを作成してください。
 (1) 処理1,処理2,処理3

上の例は、3行目の(1)の前に、半角の空白が入っています。

 

他の方法として、コロン(:)もあります。コロン(:)の後ろで改行します。

A はカンマで区切られた複数のマクロ名です。この順番でマクロを連続して実行するコードを作成してください。
A:
処理1,処理2,処理3

AのコードとBのコードを比較し、違う箇所をおしえてください。
A:

コードAを書く

B:
コードBを書く

 

ルール4 用語に「」を使わない

用語は、"ブック"、”シート”、”セル”、"Sheet1"、”A1”などで表記しているので、統一をお願いします。

・"東京"などの文字列は、ダブルクォーテーションで囲みます。

数式は"=VLOOKUP(データ!A2,マスタ!A1:B11,2,FALSE)"など、ダブルクォーテーションで囲みます。

・複数行のプログラムは、プログラムの前後をバッククォート3つ(```)で囲みます。
 文章の中のプログラムは、バッククォート1つ(`)で囲みます。

 バッククォートは、「Shift」キー+「@」キーで入力します。

 

Bingにコードを貼り付けるとき

 

会話のスタイルを「より厳密に」を必ず選択してください。

より創造的に」になっている場合があり、その時は。。。(笑)

背景色が紫のときは「より厳密に」か?確認してください。

 

Bingよるリファクタリング・コード修正

リファクタリング

コード修正

ChatGPTで関数の意味を調べる

 

VBAコードをChatGPTでつくるお勧め3選