【ノーコード】1分でExcelを自動化する無料ツール

コードの知識不要😊ChatGPTしようぜ⚾17

MENU

【ノーコードVBA】条件に合うデータを抽出して別シートへ転記

エクセルVBAマクロを自動作成する無料アプリです。

例として「条件に合うデータを抽出して別シートへ転記」VBAマクロを作成します。

(ページの末尾に、VBAコード掲載)

事例 データ表から港区のデータを取り出す

 

 

 

できました😄

エクセルのフィルターオプション機能を使います。

 

フィルターオプションの使い方を見る

「フィルターオション」は、通常のフィルターでできないことが簡単にできます。

フィルター条件は、シートに検索条件表(赤色の表)を作成します。

 

検索条件表】の作り方


1行目は、データの見出しをコピーします。

検索条件は、2行目以降に検索する文字を入れます。

・値の前に違う(<>)、以上(>=)未満(<)などを入れることもできます。

・また、ワイルドカード(*)も使えます。

・空白の条件は、「=」だけ入力し、空白以外は「<>」だけ入れます。

 OR条件(もしくは)は、対象項目の列の2行目以降に、検索条件を縦に並べます。(上の例は、商品が”いちごもしくはなし”です)

AND条件(かつ)は、1行目の項目を横に並べ、それぞれの検索条件を2行目以降に入れます。(上の例は、商品が”なしかつ、価格が”400超かつ”価格が600未満”です) 

 

アプリの設定

アプリのトップページ

 ⇒▼並べ替え・フィルター

 ⇒◇フィルターオプション(AdvancedFilter)



表示されるVBAコード 

アプリで作成されたコードを、VBE画面に貼り付ければ、マクロの完成です。

 

VBAコードを見る

Sub デモ() 'フィルターオプション
 
Application.ScreenUpdating = False ' 画面描画を停止
Application.DisplayAlerts = False  ' 警告表示を停止
Dim セル範囲 As String, セル As Range
Sheets("データ").Select
'表の最終行を決定
Dim 最終行 As Long
最終行 = Cells(Rows.Count, Range("A2").Column).End(xlUp).Row
セル範囲 = "a2" & ":" & Cells(最終行, Range("c2").Column).Address(False, False)
 Range(セル範囲).Select
Application.Calculation = xlCalculationManual '自動計算を停止
Dim 最終セル As Range, 検索条件 As Range
Set 最終セル = Range("e2").CurrentRegion(Range("e2").CurrentRegion.Count)
Set 検索条件 = Worksheets("データ").Range(Range("e2"), 最終セル)
'◇上で始まる表の最終行の下に貼り付け
Worksheets("抽出結果").Select
Range("a2").Select
Dim 左端列 As Long, 下端行 As Long, 相手セル As String
左端列 = ActiveCell.Column
下端行 = Selection.CurrentRegion.Row + Selection.CurrentRegion.Rows.Count - 1
相手セル = Cells(下端行, 左端列).Address(False, False)
If Range(相手セル).Value <> "" Then
    相手セル = Cells(下端行 + 1, 左端列).Address(False, False)
End If
'◆フィルター処理
Worksheets("データ").Range(セル範囲).AdvancedFilter _
Action:=xlFilterCopy, _
CriteriaRange:=検索条件, _
CopyToRange:=Worksheets("抽出結果").Range(相手セル)
Worksheets("抽出結果").Select
Application.Calculation = xlCalculationAutomatic ' 自動計算を再開
Application.DisplayAlerts = True   ' 警告表示を再開
Application.ScreenUpdating = True  ' 画面描画を再開
End Sub

 

ChatGPTで修正

あなたが自動化したい内容と事例が少し異なる場合は、無料で使えるマイクロソフトの「BingAIチャット」でコードを修正します。とても簡単です!

アプリはこちらから↓↓↓↓