MENU

上のセルと値が異なるとき、セルを挿入する

VBAマクロを、簡単に作成してみませんか?

例として、アプリで「上のセルと値が異なるとき、書式は引き継がずに、複数セルを挿入する」VBAマクロを作成します。

処理のイメージ

事例

上のセルと商品名が違うときに、2行2列のセル挿入するマクロを、アプリで作成します。

 

A列に商品名があります。

マクロを実行すると、商品名の変わり目に、2行2列のセルが挿入されます。

行の挿入ではないので、C列の連番に挿入は影響していません

アプリの設定

アプリの設定です。

トップページ ⇒▼セルの選択・挿入・削除・結合 ⇒ ◆セルの挿入・削除

※ 範囲の左上セルは、データの2つめを指定してください。

  1つめ見出しは、その上と値が異なるので、そこに行が挿入されます。

※ 条件値のある範囲処理の範囲とし、セルを挿入する範囲は、セル範囲の変更で行います。

表示されるVBAコード 

アプリで作成されたコードを、VBE画面に貼り付ければ、マクロの完成です。

 
Sub デモ_7() 'セルの挿入・削除
Application.ScreenUpdating = False ' 画面描画を停止
Application.DisplayAlerts = False  ' 警告表示を停止
Dim セル範囲 As String, セル As Range, 右下セル As String
Sheets("sheet1").Select
セル範囲 = "a3:a13"
Dim セル範囲配列(), セル値 As String, 行 As Long, 列 As Long
If Range(セル範囲).Cells.Count = 1 Then
    Set セル = Range(セル範囲)
    セル値 = セル.Value
    On Error Resume Next
    If セル.Value <> セル.Offset(-1, 0).Value Then
        セル.Select
        Call デモ_7_メイン処理(セル範囲)
    End If
Else
    セル範囲配列 = Range(セル範囲)
    For 列 = UBound(セル範囲配列, 2) To LBound(セル範囲配列, 2) Step -1
        For 行 = UBound(セル範囲配列, 1) To LBound(セル範囲配列, 1) Step -1
            Set セル = Range(セル範囲).Cells(行, 列)
            セル値 = セル.Value
            On Error Resume Next
            If セル.Value <> セル.Offset(-1, 0).Value Then
                セル.Select                
                Call デモ_7_メイン処理(セル範囲)
            End If
        Next 行
    Next 列
End If
Application.DisplayAlerts = True   ' 警告表示を再開
Application.ScreenUpdating = True  ' 画面描画を再開
End Sub

 

Sub デモ_7_メイン処理(セル範囲 As String)
Selection.Offset(0, 0).Resize(2, 2).Insert Shift:=xlDown
Selection.Offset(0, 0).Resize(2, 2).ClearFormats
End Sub

マクロを使うメリット

手作業で数分かかる作業が、1秒で終わります。

ぜひ、アプリをご利用ください。

 

アプリはこちらから↓↓↓↓