MENU

条件分岐

本アプリの条件分岐は、If ~ Then だけの理由

【3】処理する条件の選択は、If ~ Then だけで ElseElseifSelect Caseがありません。複雑な分岐は、アプリの条件分岐は使わず、エクセルのIF関数セルに入力します。

f:id:The-Alchemist:20220124130254p:plain

条件で書式を変更する場合

なお、条件で書式変更するときは、①Excel機能の条件付き書式を使うか、②本アプリの「書式」の【3】処理する条件の選択で、”~であるとき”と”~でないとき”の、条件分岐を2つ作成します。

複雑な条件

また、【3】処理する条件の選択の末尾にある”Rangeオブジェクト変数「セル」で、下に自作”を選択できます。この「セル」は、アプリで作成されるコードで宣言済みのRangeオブジェクト変数です。

たとえば条件を

セル.Value = "平日" 

と自作しアプリに設定できます。

f:id:The-Alchemist:20220114221428p:plain

下記コードが作成されます。

'◆条件分岐
For Each セル In Range(セル範囲).Cells
 If セル.Value = "平日" Then
   セル.Select
   Call デモ_3_メイン処理(セル範囲)
End If 

アプリはこちらから↓↓↓↓