【新発想】ノーコードでExcelを自動化する方法

VBAマクロ作成アプリ NoCodeVBA

MENU

該当するとき、〇印を表示する(関数の入力)

無料アプリで、すぐにエクセルVBAマクロを作成できます。

例として、「該当するとき〇印を表示する」VBAマクロを作成します。

(ページの末尾に、VBAコード掲載)

事例

G1セルの値が、B列にあるとき、該当行のF列に〇印を表示します。

なお、このマクロは、表の最終行まで、セルに関数を入れるマクロです。

入力する関数は、=IF(B2=$G$1,"〇","")です。

 

アプリの設定

アプリの設定です。

アプリのトップページ 

⇒◇数式・Excel関数の入力 

⇒◇数式・関数の入力

【ポイント】

■ 数式をいれる列は、空白なので、最終行が不明です。そこで、まず「処理する範囲」は、データのあるA列を選びます。

■ 数式は、そこから右に移動(OFFSET)したセルに入力します。

 (例では、A列を指定し、右に5移動(OFFSET)したセルに、関数を入力)

 範囲オプションは、「最終セルまで」を選びます。

 入力する数式は、「左上セル」を基準に作成します。

(例えば、「左上セル」がA2ならば、関数には、B2を使います)

表示されるVBAコード 

アプリで作成されたコードを、VBE画面に貼り付ければ、マクロの完成です。

Sub デモ_41() '数式入力 
Application.ScreenUpdating = False ' 画面描画を停止
Application.DisplayAlerts = False  ' 警告表示を停止
Dim セル範囲 As String, セル As Range, 右下セル As String
Sheets("Sheet1").Select
'◆最終行を取得し、セル範囲を決める
With Range("a2:a2").CurrentRegion
      右下セル = Cells(.Row + .Rows.Count - 1, Range("a2").Column).Address(False, False)
End With
セル範囲 = "a2" & ":" & 右下セル

 Range(セル範囲).Select
Call デモ_41_メイン処理(セル範囲, セル)
Application.DisplayAlerts = True   ' 警告表示を再開
Application.ScreenUpdating = True  ' 画面描画を再開
End Sub


Sub デモ_41_メイン処理(セル範囲 As String, セル As Range)
Selection.Offset(0, 5).Formula = "=IF(B2=$G$1,""〇"","""")"
'◆入力を値で固定する
Selection.Offset(0, 5).Copy
Selection.Offset(0, 5).PasteSpecial Paste:=xlPasteValues
Application.CutCopyMode = False
End Sub

マクロを使うメリット

手作業で数分かかる作業が、1秒で終わります。

ぜひ、アプリをご利用ください。

 

アプリはこちらから↓↓↓↓